ゲーム・マンガ・アニメ・声優の専門校

マンガ・ノベル学部 最新情報・トピックス

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.07.27

【アンケートVol.11】専門学校でマンガの技術を学べばイラストレーターにもなれる?

 

マンガはいつの時代においても変わらない人気を誇る娯楽の王道とされていますが、

近年ではプロになるために専門学校で技術を身に付けて夢を実現させようと考えている人も少なくありません。

この漫画家と同様にイラストを描くことを仕事としている職業がイラストレーターです。

どちらも描くことを専門としていることから、漫画家になればイラストレーターとしても活躍できるのか気になる所ですよね。

そこで今回は、漫画家はイラストレーターにもなれると思うかについてアンケートを取ってみたのでご紹介します。

 

【質問】

漫画の専門学校に興味がある方に質問!漫画家になればイラストレーターにもなれると思いますか?

 

 

【回答数】

思う:49

思わない:51

 

4.png

 

同じ描く仕事でも細かい部分で専門分野としての違いがある

 

アンケートの結果、思わないと答えた人の理由はこちら

・イラストレーターの世界観と漫画家の世界観とは違うと思うからです。

そして、漫画家はコマを一枚絵として見せるよりも、キャラクターの喜怒哀楽や細かな表現変化が表すことができるのか?というイラスト制作とは違った描写力が期待されると思うからです。(20代/女性/パート・アルバイト)

・漫画はストーリー能力なども求められるので、イラストだけでの世界で通用するかはわからないと思います。(20代/女性/学生)

・漫画は下手でもストーリーが面白かったら売れるけどイラストレーターはある程度技術が必要だと思う(20代/男性/正社員)

小説と同様に、漫画はキャラクターだけでなく世界観や物語など読み手を満足させるための方法は数多くあって、

成功への道筋は漫画家によって異なります。それに対してイラストレーターは、自分の描いたキャラクターが成功を左右する全てと言っても過言ではありません。

そういった点からも、イラストと漫画のキャラクターを描くのとは別物であると考えられます。

 

自分の作品のキャラクターを武器にすることができる強み

 

思うと答えた人の理由はこちら

・漫画家は創造力があるので、イラストレーターになれると思います。絵はもちろん。想像力豊かなイラストができるのではないかと思います。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・漫画家さんのイラストが、企業の商品のイメージにあっていれば、イラストレーターとしてのお仕事も貰えると思います。(20代/女性/無職)

・両方に共通することは「絵を描く」ということなので、漫画家で学んだ知識を応用していけばなれると思います。(20代/女性/パート・アルバイト)

イラストレーターの描くキャラクターは、仕事内容によっては商品のイメージアップにも繋がる大事な宣伝広告にもなります。

人によってはキャラクターからその商品や企業が伝えたいメッセージに注目をするというケースも少なくありません。

そういった部分から、漫画を読まない人達にも知られているような人気作品を描いている漫画家であれば、

自分のキャラクターを武器にしてイラストレーターの世界で活躍することも可能と言えます。

 

漫画家とイラストレーターに共通する表現力

 

漫画家とイラストレーターは同じ描き手でも、物語を生み出すプロと商品のPRや注目を集める宣伝のプロという点では全く異なります。

しかし、2つの職業には共通点もあって、それは何かを伝える表現力という才能です。

漫画を描いたりイラストを描くのが上手でも、必ずプロになれるわけではないのはこういった部分が理由として挙げられます。

そのため、仕事で身に付けた人の心に訴える表現力を活かすことができれば、プロの漫画家がイラストレーターの世界で活躍できる可能性は決して低くはありません。

 

■調査地域:全国

■調査対象:【年齢】0 - 20 20 - 29

■有効回答数:100サンプル

マンガ・ノベル学部
表現力と個性を持った日本の文化を生み出すクリエイターを育成!


次の記事を見る

前の記事を見る

無料のパンフレットを請求しよう!
学校のパンフレットを無料配布中
よくある質問
このエントリーをはてなブックマークに追加