丁子原 貴幸

ゲーム学部

丁子原 貴幸さん

様々な年齢のクラスメイトとゲームについて考える毎日です!

僕は大学に通っていましたが、将来の方向が見えず迷っていました。その時にバンタンに出会い、自分の夢が明確に見えたのを覚えています。バンタン生になってからは授業もクラスメイトとの時間も全てが刺激的で楽しんでいます。プランナーはとにかく考えて、行動して問題を解決していく。そのプロセスを現場目線で学べるのは本当に貴重だと感じています。将来は、地元の広島に誇れるゲームクリエイターになりたいですね!

ページを閉じる