ゲーム・マンガ・アニメ・声優の専門校

【東京校】株式会社Aiming様による特別授業!Photon&Unityを使ったオンラインゲームの制作現場をレポート♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.11.04

スクールライフ

こんにちは★バンタンゲームアカデミーです( ・∀・)ノシ

 

2014_1014_0030.jpg

 

オンラインゲームプログラム専攻、SNSオンラインゲーム専攻
ゲームプログラム総合2年の学生たちが熱心に取り組んでいるのは……

 

オンラインゲームの制作!

 

今回は、photon(フォトン)というネットワークエンジンとUnityを使い対戦型ゲームをデザインします。

教えてくださるのは、株式会社Aiming 開発グループソフトウェアエンジニアの西尾さんと廣岡さん。

 

西尾講師

「学生時代に、オンラインゲームを作ることは、大きな自信になると思います」

 

廣岡講師
「最近、Photonが注目されています。無料で試せるので、ただで技術を磨ける絶好のチャンス。
自社で、フォトンと同じような機能を実装することもあるんですよ」

 

2014_1014_0143.jpg

 

今回は、「プレイヤー」「プレイヤーのまわりを走り、でんぐり返りするクマ」を作ります。

 

西尾講師

「複製して作ったスクリプトを、ドラッグ&ドロップして。
メニューのFile-から、New sceneで新しいシーンを作成します」

 

廣岡講師

「セッティングできたら、クリエイトルームをもう一度押してください。
クマが走りまわるシーンにと飛べましたか?」

 

学生

「指示の通り、やっているんですが……エラーが出てしましいます」

 

2014_1014_0013.jpg

2014_1014_0109.jpg

 

学生たちを悩ませるエラーは、実にさまざま。


「次のステージに行ったら、プレイヤーがいないです!!!(驚)」
「キャラクターが、宙に浮いている……(笑)」

 

さっそく、スクリプトをチェック!


ちなみに、スクリプトとはあるタスクを完了するために必要な手順が記されたファイルのこと。

 

やっかいなのは、「エラー」表示が出ていないのに、動作確認するとおかしな点があるケース。

スクリプトをチェックしても、なかなかエラー部分を発見できないことも。

 

「リソースのフォルダ名を間違えているんじゃないの?」
「確かに!チェックしてみる!」

 

2014_1014_0033.jpg


学生同士が教え合うことで、自然と理解も深まります。

こまめに動作を確認しながら、作業を進めていきます。


スクリプトを直している最中に、フリーズしてしまったり……ハプニングがいっぱい!

 

2014_1014_0018.jpg

 

西尾講師

「最後に、キャラの同期をします。

例えば、オンラインゲームの場合、こちらがバズーカで弾を打った時は、相手側にも
こちら側のメソッドを読みこませないといけません。

ここまで作れると、複数人のキャラクターが動く、という動作をマスターできると思います」

 

次回は、オリジナルオンラインゲームの制作に取り組みますよ♪


自分で作れるとなると、ゲームの遊び方も変わりそうですね。
みんなのやる気は、回を重ねるごとに高まっています♪♪

 

 

次の記事を見る

前の記事を見る

無料のパンフレットを請求しよう!
学校のパンフレットを無料配布中
よくある質問
このエントリーをはてなブックマークに追加