ゲーム・マンガ・アニメ・声優の専門校

【東京校】1年間の集大成!COMITIA119にて、オリジナルシナリオのドラマCD・小説作品集&マンガ冊子を販売!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.03.20

スクールライフ

こんにちは★

バンタンゲームアカデミーです(・∀・)

 

東京ビッグサイトで行われた、COMITIA119。

 

コミティアとは…プロ・アマを問わない作家による自主出版作品発表・販売する展示即売会です。毎年マンガ・ノベル学部の学生が参加するデビューイベントです。

 

今年も学生達渾身の作品を持って参加してきました!

 

NLT_1302.jpg

「どうぞ、見ていってください!一部200円です」

と、元気にオススメするのは

マンガクリエイター専攻の学生たちです。

販売されているのは、一体どんな冊子なのでしょう?

「6人の作品をひとつにしました!

私は、人に見せるのが初めてなので、いつもよりも

『自分の絵がどう見られるか』を意識して描きました」と、阿久津碧さん。

阿久津さんは、『天使と悪魔』という作品と、表紙イラストも担当!

「それぞれ、作品のテーマはバラバラで、テイストも違います。

でも、力を合わせて完成に向けて動くことができました。

表紙の女の子は、ひとつの方向を示しているようなイメージで描いています」

NLT_1340.jpg

冊子におさめられている『ロイド&リック』は、

ロボットのよろず屋を舞台に繰り広げられるストーリー。

作者の山本ヒロシくんは

「ロボットが好きなので、主人公をロボットにしました。

休憩中に、他のブースでロボットのイラストも購入してきました!

自分のフェチに合う作品がいっぱいなので、勉強になります」と笑顔。

阿久津さんも「私も、イラストを買いました。厚塗りが苦手なので、お手本にします」

と、販売することだけでなく、自分好みの作品と出会えるのも楽しみのひとつのようです。

 

NLT_1342.jpg

近藤くんは

「『よつばと!』を見て、二頭身キャラクターが描きたくなって作ったのが『先コバ!!』です。学園ものの4コマになっています。

今回の作品集制作で良かったことは、競争心をもって取り組めたこと。また、クラスメイトは、良きライバルでありながら良き仲間でもありました。特に山本くんには『こういう動作のとき、どんな風に手を描けばいい?』とスカイプで教えてもらうこともありました」

NLT_1253.jpg

冊子の売れ行きも、好調です!

 

 

続いて、ノベル・シナリオライター専攻のブースへ。

小説作品集とオリジナルドラマCDのセットを500円で販売中!

NLT_1237.jpg

こちらの専攻では

「一年中雪が降っている世界で、雪だるまの妖精『エルテルン』が子供を育てている。

エルテルンと別れることで、子供たちは大人と認められる」

という世界観が定められています。

共通のテーマのもと、3つの小説と、5つのドラマ作品が完成しました。

 

ドラマCD作品『15に送る思い』の作者・槍城宗一くんは

「自分たちが考えたキャラクターに、声優科の学生さんたちが命をふきこんでくれました。

作者冥利につきますね。

作品で、いちばん伝えるのが難しかったのは、雪だるまの住む世界が消えてしまうシーンです。時計が鳴る音と、子供の泣き声で表現しました」

 

また、作中の効果音やBGMも

フリーソフトを使って自分たちで音付けしたそう!

NLT_1394.jpg

「エルテルン」という世界観を考えた吉田くんは、

「自分の作品を作る大変さもありましたが、

みんなの世界観がズレないように統一することも難しかったです。

ときには、台本の読み合わせをしながら『このキャラクターはこういう

物言いをしないよ』と、声優さんに指摘されることもありました。

2ヶ月くらいかけてみんなで準備してきたし、こうして形になってとても嬉しいです。

ドラマチックな作品が揃ったと思います」と満足そう。

 

なかには「卒業したら、自分だけの作品集を販売したいです!」と

意気込む学生もいましたよ!

 

仲間たちと作り上げた作品を

晴れやかに世に送り出すことができました。

NLT_1241.jpg

購入してくださった皆さま、ありがとうございました!

次の記事を見る

前の記事を見る

無料のパンフレットを請求しよう!
学校のパンフレットを無料配布中
よくある質問
このエントリーをはてなブックマークに追加