ゲーム・マンガ・アニメ・声優の専門校

【東京校】「VR・MRクリエイター総合コース」開講記念・特別講演会を開催!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.01.07

スクールライフ

こんにちは、バンタンゲームアカデミーです(・∀・)

バンタンゲームアカデミー中目黒校舎にて、

「VR市場とVRゲームの開発秘話」をテーマにした

特別講演会が行われました!

 

image1.jpeg

 

この講演会は、2018年度から新しくバンタンゲームアカデミーで

開講する「VR・MRクリエイター総合コース」の記念イベントのひとつ。

一般、入学予定者、プログラムとグラフィック系専攻の在校生たちが

参加しました。

 

 

 

 

 

 

image2.jpeg

 

登壇してくださったのはVRやスマートフォンサービスの開発を行う

「株式会社ダズル」のクリエイターの方々。

「VR・MRクリエイター総合コース」において

株式会社ダズルとの産学連携を行っていく予定です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image3.jpeg

 

最初に、株式会社ダズルの広報担当・川上紗耶さんから

事業内容などの説明があり

その後、チーフエンジニアの林賢太郎さんと

VR開発ディレクターの中山昌弥さんによる講演が始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image4.jpeg

 

まずはVR業界の動向について。

「VR元年」といわれた2016年は「Oculus Rift」や

「PlayStation VR」などのVRデバイスの発売や、

VR技術を活用したゲームコンテンツが次々と発表され、

2017年にはFacebookやGoogleといった大手企業が市場に参入。

今後、VR業界はますます成長していくとのことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image5.jpeg

 

続いては中山さんがディレクターとして携わった

マルチプレイVR-FPS「Rays」を題材に

FPSゲームのおもしろさについてのお話と

Unreal Engineを利用しての開発秘話をうかがいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image6.jpeg

 

さらにVRゲームならではの特徴として

VR酔いの原因となるフレームレートに関するお話、

VRゲームにおいて一番大切ともいえる

[ゲームへの没入感]についてのお話がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image7.jpeg

 

「VRゲームの開発で、視覚でリアリティを追求しすぎてしまうと

プレイヤーのストレスになってしまうことがあります。

そこで聴覚を利用した、音からリアリティを感じさせるという

アプローチが大きな意味を持ってきます」(中山さん)

 

「リアリティとストレス軽減のバランスが、

ゲームへの没入感を向上させるんです」(林さん)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image8.jpeg

 

image9.jpeg

 

講演の後は、実際に「Rays」を体験してみることに。

貴重な機会に、参加者のみなさんは夢中になってプレイ!

 

image10.jpeg

 

バンタンの在校生でグラフィック専攻の女子たちも「Rays」を体験。

「VRのことをよく知らなかったので、参加できてよかった。

おもしろかったです!」と感想を話してくれました。

 

image11.jpeg

 

業界で活躍するクリエイターさんたちからお話をうかがい

VRの魅力を実感できた講演会でした。

株式会社ダズルのお三方、ありがとうございました!

次の記事を見る

前の記事を見る

無料のパンフレットを請求しよう!
学校のパンフレットを無料配布中
よくある質問
このエントリーをはてなブックマークに追加