ゲーム専門の学校|バンタンゲームアカデミー

よくある質問 アクセス
イベント 資料請求

ブログ詳細

BLOG

スクールライフ

2018.11.16.FRI

【東京校】新進気鋭のVFXアーティスト今川真史さんの技術を学ぶ!CGWORLDプレゼンツの特別講演をレポート!

このエントリーをはてなブックマークに追加

バンタンゲームアカデミーでは、3DCGやVFXを本格的に学べる専門コースを設立しています。

 

そこで、来年度の入学が決定した新入生の皆さんや、在学中のグラフィッカー専攻の生徒たちに向けて、VFXに関する特別講習を開催しました。

 

特別講師としてお越しいただいたのは、AnimationCafeに所属する今川真史さん。

今川さんは、KLab株式会社が開催する学生デザイナーの祭典「KLab Creative Fes'17」において、

グランプリを受賞したことで注目を集めるVFXアーティストです!

 

1.jpg

 

映像クリエイター向けの総合誌「CGWORLD」にて、今川さんによるVFXに関する新連載「NEO ACT」がスタートしており、

その一環として、バンタンゲームアカデミーで講演を行っていただきました。

今回の講習では、今川さんがどのように作品を制作しているのか、その工程を見せて頂けました。

 

2.jpg

 

まずは、VFX制作の解説に入る前に、今川さんがこれまでに手掛けてきた作品をまとめた映像を紹介。

まるでハリウッド映画の1シーンのような映像が次々と流れてきて、圧倒されるばかりの学生達!

 

3.jpg

 

続いて、VFX製作のワークフローから紹介していきます。

今川さんいわく、VFXの制作工程はひとりでやるには非常に膨大であり、それをいかに工夫して簡略化していくかが重要とのこと。

 

4.jpg

 

そのために、まずは作業に優先順位をつけるのが今川さん方式。

今川さんは、映像を合成しながら画作りをしていくコンポジットの過程に9割以上の力を注ぐそうです。

 

また、GCのワークフローを料理に例え、コンセプトやモデリングといったものはあくまでも素材であり、

それらを調理するキッチンこそが、コンポジット作業であると説明してくれました。

 

5.jpg

 

ここからは、実際に今川さんが作った作品が、出来上がるまでの流れを見せていただけました。

今回紹介していただく作品のコンセプト「工場夜景」です。

 

今川さんは、工場夜景の作品を作り始める前に、実際にご自身で工場夜景の撮影にいったそうです。

また、日々「ArtStation」をチェックし、コンセプト用のイメージを集めるといったことにも余念がありません。

 

6.jpg

 

数ある作品を流し見しながら、少しでもひっかかるものがあれば、それこそが力のある作品なのだと今川は言っていました。

皆さんも、是非「ArtStation」巡回を日課にしてみてはいかがでしょうか?

 

作品の基盤となるコンセプトの制作ですが、ここでは白黒にすることでコントラストを重視します。

白と黒や明るいと暗いといった対比はもちろんのこと、大きいと小さい、多いと少ないなど、様々な対比を盛り込むことで、目を引く作品になっていきます。

 

数あるハリウッド映画作品でも、インパクトのあるシーンでは、

眩しい背景と真っ黒な人影といったコントラストが使われていることが多くなっています。

 

7.jpg

 

人物や建物といったモデリングに関しては、今川さんは優先度を低く設定しており、

作業を簡略化する方法を研究されているそうです。例として「Kitbash」という、様々なモデルを詰め込んだデータパックを紹介しています。

 

「Kitbash」のパーツを組み合わせてモデリングしてくことで、

自分で1から作らずに済む分、作業を大幅に簡略化できるようになります。

 

8.jpg

 

こうして素材を作っていったら、今川さんが一番力を入れる部分であるコンポジットの作業に入ります。

ここではコンポジット用のソフトウェア「NUKE」を使用しています。

 

様々な素材をレイヤーとして配置し、

そのレイヤーにライティングやエフェクトを加えながら合成していくことで、1枚の画を作り上げていきます。

 

ここでも、「ギズモ」と呼ばれる「NUKE」ユーザーたちが独自に開発したプラグインを活用し、

煩雑な工程を少しでも省けるように工夫しながら作業を進めていくことを、今川さんはおすすめしていました。

 

ある程度画が完成したら、全体のコントラストを調整したり、

左右を反転させて目をリフレッシュさせたりしながら、全体の完成度をチェックすることも推奨しています。

 

9.jpg

 

こうしたコンポジットの作業に必要な力は、カメラを使った写真撮影と似ていると今川さんは考えているそうです。

良い素材を並べて良いものを作れるのは当たり前であり、

見慣れた景色や素材を一流の写真に変えてしまうことこそが本質とのこと。

 

最後に今川さんは、プロを目指して勉強していく生徒たちに向けて、

自身を成長させるために「収束」、「断捨離」、「投資」、「極端」の4つを試すべきだと話してくれました。

 

日々の生活におけるあらゆる体験を、自分の極めたいものへ「収束」させ、必要のないものを「断捨離」していく。

ツールへの「投資」は積極的に行い、

思考を「極端」にしていくことで、迷いを捨てて確実にチャンスをつかみ取っていくことを大事にしてほしい、と熱く訴えかけてくれました。

 

10.jpg

 

最後に質問の時間を取り、使用しているツールに関することや、実際の作業に要する時間といった疑問に答えながら、今回の講習は終了となりました。

 

在校生達は

 

11.jpg

 

「将来的には映像関係に進もうと思っているので、プロの方のお話から、何か知識を得られたらいいなと思い参加しました。

難しいお話もありましたが、自分が今学んでいることとつながっている部分もあり、大変勉強になりました」

 

12.jpg

 

「3DCGの知識がまだあまりなかったので、制作の行程に関しては把握しきれないところもあり、

まだまだ勉強が必要だと思いました。ですが、制作に対する姿勢や考え方は非常に興味深いお話が聞けたので、今後に活かしたいです」

 

と、実際に現場で活躍する方のお話を聞けたことへの感動を語ってくれました。

 

13.jpg

 

今回の今川さんのお話から多くのことを学んだ彼らが、来年、再来年のCG制作の最前線を行くことになるかもしれません。

今から皆さんの活躍が楽しみで仕方がありません!

イベント一覧

  • 東京校
  • 大阪校
  • 名古屋校

パンフレット
請 求

_Entry

業界に最も近い。
総合エンターテイン
メント
スクール

無料資料請求

CAMPUS INFO
夢の扉まで、徒歩5分。

TOKYO

東京校

0120-51-0505

〒153-0061 東京都目黒区中目黒2-10-17

Google Maps

_Latest Tweets

最新ツイート情報

ツイートをみる

CAMPUS INFO
夢の扉まで、徒歩5分。

東京校の地図東京校の地図
Google Maps
OSAKA

大阪校

0120-43-9555

〒542-0076
大阪府大阪市中央区難波4-4-4 難波御堂筋センタービルB1階・3階

Google Maps

_Latest Tweets

最新ツイート情報

ツイートをみる

CAMPUS INFO
夢の扉まで、徒歩5分。

大阪校の地図大阪校の地図
Google Maps
NAGOYA

名古屋校入学事務局

0800-170-5013

〒450-6321
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 SPACES JPタワー名古屋21階

Google Maps

CAMPUS INFO
夢の扉まで、徒歩5分。

Google Maps