ゲーム・マンガ・アニメ・声優の専門校

【アンケートVol.23】声優専門学校が東京や大阪にある!一人暮らしをして通いたい?

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.10.25

トピックス

【アンケートVol.23】声優専門学校が東京や大阪にある!一人暮らしをして通いたい?

 

今や世界的にも評価され日本を代表する文化となったアニメ、その花形職である声優に興味を抱く方も多いのではないでしょうか。

声優になる為の手段の一つとして、専門学校へ通って体系的に演技を学ぶ事が挙げられます。

しかし、一口に専門学校といってもカリキュラムは学校によって様々です。

そこで今回は声優の専門学校について文科省の指示を受けた認可校と

自由にカリキュラムを組んでいる学校のどちらに魅力を感じるかアンケートを実施しました。

進路にお悩みの方は是非参考にしてみてください。

 

1.png

 

【質問】

声優専門学校に興味のある方に質問です!声優の学校に通うなら文科省に指示された認可校と自由なカリキュラムの学校のどちらが良いですか?

 

 

【回答数】

認可校:53

自由な学校:47

 

「安心感」は勉学に勤しむ学生の強い味方

 

調査の結果、僅差で文科省認可を受けた学校の方に魅力感じる人が多い事が分かりました。

 

 

・認可された学校の方が、世間的に受けがよさそうだから。就職するときに有利になる気がするから。また、認可されたほうがしっかりしたカリキュラムなのではないかと思うから。(20代/女性/個人事業主)

 

・実績のあるような学校の方が信頼できるから。進路に影響しそうだから。(20代/女性/正社員)

 

・認可の学校を選んだほうがきちんとしたカリキュラムが整っていそう。(20代/女性/個人事業主)

 

・安心感がある。学校の経営や対応がしっかりとしているイメージです。(20代/女性/正社員)

 

やはり「国の行政から認められている」という事実は生徒にとって強い心の支えになるようです。

社会的な信用が確保された教育施設という事で将来の就職についても有利なイメージが強い事が調査結果から見て取れます。

入学を前にしてこれからの不安や声優という固定された安定的な収入が難しい職業を目指す事から、

少しでも気持ちの支えを必要とする学生さんが多いのではないでしょうか。

 

「学び」はなによりも自分に合った選択から?

 

アンケート結果では2番目となりましたが、カリキュラムが自由な学校に魅力を感じる人も多く居るようです。

 

 

・カリキュラムを自由に組んで自分なりにやる事をこなしていきたいからです。(20代/女性/パート・アルバイト)

 

・自分の得意分野、苦手分野の受講をバランス良く組み合わせて、自分にとって一番効率的な授業を組めそうだから。(20代/女性/パート・アルバイト)

 

・声優の学校となると通常の学校とは異なり専門性もあり特殊な部分が多いので、文科省に指示された通りのカリキュラムよりも独自のものを展開している学校の方が返って信頼できるように思うからです。(20代/女性/学生)

 

・声優は声が売りなので文科省に指示された認可校は関係ないと思うので、自由なカリキュラムの学校の方がいいと思います。(20代/女性/派遣社員)

 

・資格や免許を取る訳ではないので、カリキュラムが自由な所が良いと思います。(20代/女性/学生)

 

 

カリキュラムに柔軟性がある分「自分に合った学び方」に魅力を感じる人が多い事がうかがえます。

声優に限らず勉強の得手不得手は人それぞれですし、ある程度自身に選択の余地がある方が

学生さんのモチベーションも上がるかもしれません。

また「声優」は芸術分野における職業である為、国の認可や世間体はあまり気にしないという人も多いようです。

人や社会に縛られない自由さという事も芸術分野で活躍する為に必要な気構えなのでしょう。

 

専門学校選びは自分の性格や勉強スタイルに合わせて

 

文科省の認可校に対して求められている事は何よりも「安心感」であると言えるようです。

確かに就職活動などの将来や自分が勉強している内容に不安感を抱いたままでは授業に身も入らないかもしれません。

余分な不安をそぎ落としとにかく勉強に集中したいという人は認可校を選ぶと良いのではないでしょうか。

自由なカリキュラムを組む事の出来る学校は「自分の事は自分で」というセルフプロデュースが得意な人に向いているようです。

自分の現時点での能力を上手く把握出来ているなら効率の良い学習が可能になるでしょう。

自分の夢の為に認可があるから良い、ないからダメという事は全く無く、自分のやり方に合わせた学校を選ぶ事が大切です。

 

■調査地域:全国

■調査対象:【年齢】0 - 20 20 - 29

■有効回答数:100サンプル

声優学部
多彩な表現力と演技力で世の中を感動させ、個性あふれる声優を育成


次の記事を見る

前の記事を見る

無料のパンフレットを請求しよう!
学校のパンフレットを無料配布中
よくある質問
このエントリーをはてなブックマークに追加