ゲーム・マンガ・アニメ・声優の専門校

企業からのメッセージ

Message

業界からバンタン生へ向けた応援メッセージ

バンタン生、そして未来のクリエイターに向けた、業界人・採用担当者からの応援メッセージを紹介します。今、業界はどんな人材を求め、どんなスキルを必要としているか?夢をかなえるためのヒントが沢山つまった業界からのエールをご覧ください。

株式会社KADOKAWA エンターブレイン ブランドカンパニー

川﨑 拓也さん

  • 文芸局 ファミ通文庫編集部 副編集長
  • 川﨑 拓也さん

時代の変化を楽しみながら新しい小説を生み出して欲しい

ライトノベルレーベルが増え、アニメの原作となる作品も多く、またひと月に刊行されるライトノベルは100冊を超える。そんな時代を代表するメディアとなったライトノベルですが、現在ライトノベルを取り巻く環境は、これまでになかったほど大きく変化しようとしています。WEB小説やボーカロイド楽曲をテーマにした作品の活況など、既存の「ラノベ」に囚われないエンターテイメント作品が受け入れられる土壌が出来つつあるのです。ただ、これはチャンスです。ライトノベルとは、読者の願望を第一に、如何にして読者をより物語に没入させ作品の魅力を最大限に伝えられるか、そのためには既存の小説作法を崩すことさえ厭わない。それを突き詰めたメディアで、新しいものを表現することにかけては優れたフォーマットなのです。
なので今は、やれることが増えた! と喜ぶべき状況です。是非みなさんにも、これまでにはありえなかった新しい小説(ノベル)を生み出せるこの時代を楽しみながら励んで欲しいと思います。

株式会社KADOKAWA エンターブレイン ブランドカンパニー

1998年創刊。KADOKAWA エンターブレイン ブランドカンパニーが刊行する今年で16周年に突入するライトノベルレーベル。『"文学少女"』シリーズ、『バカとテストと召喚獣』、『ココロコネクト』、『犬とハサミは使いよう』など流行に囚われないエンターテイメント性のある作品を数多く揃えている。また、毎年新人作家の登竜門となる「エンターブレイン えんため大賞」を実施しており、2012年にその小説部門で大賞を受賞した『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』は、2014年4月にTVアニメが放送開始となった。

株式会社サイバーコネクトツー

中松 芳生さん

  • 業務部 戦略企画課 人事室
  • 中松 芳生さん

具体的な目標と計画を持ち夢を実現してください

「ゲームクリエイター」と一口に言っても、制作現場においては様々な職種が存在します。ゲームクリエイターを目指すのであれば、まずはどのような職が求められているのかを知り、「志望職種」という具体的な目標を立ててください。そして、目指す職に求められる技術・知識を知り、それに向かって勉強をしてください。「ゲームクリエイターになりたい」という夢のままにせず、「ゲームクリエイターになる」という具体的な目標と計画を持つことが、実現の第一歩です。

株式会社サイバーコネクトツー

1996年設立のゲーム制作会社。アクションと映像演出に特別なこだわりを持つ作品づくりが特長。 最新作は、『NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム3』『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』など。その他代表作に『.hack』シリーズ、『Solatorobo それからCODAへ』『アスラズ ラース』などがある。近年は、『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』『リトルテイルストーリー』『フルボッコヒーローズ』などスマートフォン用ゲームの開発も手掛けている

株式会社アルファドリーム

  • 取締役開発担当
  • 藤岡 千尋さん

学んだことの大切な要素を消化することが大切です

実際に発売されるゲームでは、その面白さをゲームを通じてお客様に伝える必要があります。ですので、プレゼンもさることながら、作品にその面白さがちゃんと反映されて相手に伝わるように考えられているかどうかを見ていきます。審査会では、当社を含めて様々な方からの評価やアドバイスが得られると思います。それぞれに含まれている大切な要素をうまく消化して、これからの糧としてもらえれば嬉しいです。

株式会社アルファドリーム

2000年に設立し、これまでに「マリオ&ルイージRPG」シリーズをはじめとして任天堂製携帯型ゲーム機のタイトルを主に開発している会社です。ゲーム企画の立案から、開発までをすべて内製で行うのが特長です。高品質で面白いゲームを常に追求し続け、日本だけでなく、北米、欧州のユーザーからも高い評価を得ています。

株式会社キャメロット

宇野 正明さん

  • 企画開発部 部長
  • 宇野 正明さん

最大の顧客は自分でも友人でもなく目指す企業のスタッフです

ゲーム業界は、数年前からマーケットの様相が随分変わってきているように思います。全世界的に訴求力のあるタイトルを生み出すようなチームや企業でないと生き残れないような厳しいマーケットとなりつつあるのです。しかしゲームの持つ技術やノウハウに対する需要は増すばかりです。今のゲームクリエーターは我々が試行錯誤で切り開いた黎明期に比べて小粒です。当時、次々生み出された「新しいこと」や「面白いこと」、「変わったアイデア」は今日、なかなか生み出されていません。一方でゲーム業界やファンはけして減った訳ではありません。その証拠に海外のゲーム需要は増すばかりです。海外のゲームマーケットは今も活況であり、クリエーターもハングリーです。ゲーム作りを真剣に学ばれれば、可能性は無限大だと思います。我々は、我々の次代を担うハングリーでクリエイティヴなゲーム製作者の登場を待ち望んでいます。我々の良き開発仲間に、または手強いライバルクリエイターに1人でも多く成長されることを期待致します。日本を代表するようなトップ・ゲーム・クリエーターを目指してください。

株式会社キャメロット

世界のゲーム会社から高い評価を得ているゲーム制作会社。1991年株式会社ソニックを設立。1994年に現在の名前となる。 代表作は、マリオゴルフシリーズ、黄金の太陽シリーズなど。

無料のパンフレットを請求しよう!
学校のパンフレットを無料配布中
よくある質問
このエントリーをはてなブックマークに追加