ゲームプランナーの仕事内容をご存じでしょうか?また、未経験でゲームプランナーになれるのでしょうか?求められるスキルにはどのようなものがあるのでしょうか?当記事では、ゲームプランナーの魅力や、プロとして活躍するために必要な技術や能力についてご紹介します。

ゲームプランナーとは?

ゲームプランナーとは、新作ゲームの企画・制作進行や市場ニーズの分析・集計などを担当する職種です。ゲームのタイプやテーマといった大枠から、ルールやキャラクター、背景、シナリオといった細部に至るまで、ゲームのあらゆる要素の考案に携わります。企業によっては、「ゲーム企画担当」や「ゲームデザイナー」など、別の呼び方をしているところもあります。プログラマーやデザイナーは、ゲームプランナーが作成する仕様書に従って開発・制作を進めるため、ゲーム作品において非常に重要な役割を担っているといえます

ゲームプランナーならではの魅力

ゲームプランナーの魅力は、ゲーム作品を一から作っていく楽しさを味わえることです。ゲーム作品は、ゲームプランナーが市場のニーズや流行を汲み取りながら考えた仕様書に従って作られていきます。自分のアイディアを反映させやすいため、アイディアを形にしたいと思っている人はやりがいを感じられるでしょう。

ゲーム制作には、多くのスタッフが携わっています。ゲームプランナーは、制作チームのまとめ役でもあります。ゲーム制作にあたる人たちは、皆ゲームに対して熱い思いを抱いているものです。長いプロジェクトでは年単位で行われるものもあるため、スタッフとの信頼関係を築けるのもゲームプランナーならではの魅力といっていいでしょう。

また、ゲームプランナーはゲーム作品の根幹に携わる立場であるため、ゲーム作品の評価を直接的に受ける立場でもあります。携わったゲーム作品が大ヒットすれば、日本だけではなく世界中で名前を知られることも夢ではありません。

ゲームプランナーの仕事内容

ゲームプランナーを一言でいえば、どんなゲームが売れるのか市場のニーズを把握し、必要に応じて調査・分析した上で、新しい作品を企画する仕事です。

作品の規模によってゲームプランナーの仕事範囲は異なりますが、企画書や仕様書の作成(主にPowerPointを使用)、シナリオやデザインの最終チェック(シナリオやスクリプトの作成は、ゲームプランナーが担当することもあります)といった現場作業のほか、ディレクターとしてスケジュール調整などの進行管理を任されることもあります。

また、チーム内にコンセプトを正しく伝えるなど、高いコミュニケーション能力も必要とされます。プログラマー、デザイナー、スクリプター、デバッカーなどを経てプランナーへ転身する人も多いです。特に恋愛アドベンチャー系ゲームでは、デザイナーやスクリプター出身者も多くプランナーを務めています。キャリアを重ねてゆくと、ゲーム関係の展示会に出ることも増えていきます。さまざまな人との関わるようになり、業界内でも顔が売れやすくなっていきます。

ゲームプランナーになるには?

ゲームプランナーになる主なルートは、専門学校、または短大・大学を卒業してゲームメーカーに就職することです。専門学校は「ゲームプランナー専攻」や「ゲーム専攻」などのコースがあるところを、大学や短大は企画力やメディア表現について学べるメディア系学科があるところを選びましょう。大学と専門学校とでは、専門性を高められる専門学校の方がおすすめです。ゲーム専門学校は、大学よりも実習に力を入れているため、現場で活かせるスキルをしっかりと身に着けられます。

一方、専門学校は専攻する分野をある程度定めて入学するため、まったく異なる分野を学び直したいときには、再入学などが必要になることもあります。また、専門学校のなかには、大卒資格が取得できる学校もあります。大卒資格を得るためだけに大学を選ぼうか迷っているのであれば、こうした専門学校に進むことをおすすめします。

バンタンゲームアカデミー大学部
https://www.vantan-game.com/faculty/university/index.php

未経験ではゲームプランナーは厳しい?

未経験者であっても、ゲームプランナーになることは不可能ではありません。ただし、ゲーム業界の知識が必須なため、できるだけ早くゲームプランナーとして仕事をしたいのであれば、専門学校のゲームプランナー専攻などで学ぶことをおすすめします。中には未経験者を採用している会社もございますが、任される業務が限られているため、しっかりと技術を付けることをおすすめします。

ゲームプランナー学科のほか、ゲームデザイナー学科やプログラミング学科を専攻したのち、就職先で経験を積みながらゲームプランナーとしてスキルアップすることも可能です。ゲームプランナーを目指している人は、進学先を選ぶ際、就職実績を調べておきましょう。

OBOGが多く入社している企業の方が、就職に多少なりとも有利であるといえます。大手企業が連携して授業を行っているといった学校も、コネクションがあり就職に有利に働く可能性が高いでしょう。目指したい企業が具体的にあるのであれば、該当企業への就職実績がある学校を選ぶのもおすすめの方法です。

ゲームプランナーに必要な資格

ゲームプランナーになるには、特別な資格は必要ありません。言ってしまえば、実力があれば誰でもなることができる職業です。しかし、他者と差をつけたり、プロジェクトメンバーとのコミュニケーションを円滑にするために、以下のような資格や知識を得ておくことをおすすめします。

プログラミング関連

ゲームプランナーにとってプログラミングの資格は不要ですが、あればプログラム担当者とのやりとりがスムーズに進みます。プログラミングスキルを証明する資格には、「基本情報技術者試験」や「ITパスポート」などがあります。

デザイン関連

ゲームには、さまざまなデザインが必要となります。 実際にプランナーがデザインを起こすことはありませんが、デザイナーとコミュニケーションをとる機会は多くあります。なかでも、スケジュールや進行管理について、密にやりとりを重ねることになるでしょう。そのためにも、制作するデザインにどの程度の時間を要するのか、おおよその感覚を掴むことが必要です。また、デザインに関するある程度の知識があれば、修正の依頼をするときなどに、スムーズなコミュニケーションが取れます。

企画書・仕様書関連

わかりやすい企画書・仕様書を作るためには、PowerPointやExcel、Wordのスキルを磨くとよいでしょう。「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)」の資格を取得すると、最低限のPCスキルがあることを証明できます。

ウェブマーケティング関連

ウェブマーケティングの知識、スキルを身につけておくことも、ゲームプランナーとしてやっていくのに役立ちます。Webマーケティング・Web解析に関する基礎知識を習得できる資格には「Web解析士」があります。これらの資格を保有していると、活躍の場が広がって就職の際に有利になることがあります。そのほか、次の項目でご紹介するスキルも身につけておきましょう。

ゲームプランナーに必要な5つのスキル

ゲームプランナーとして活躍するためには、以下のスキルを身につけておくことが大切です。

  1. 企画力
  2. プロジェクト管理能力
  3. コミュニケーション能力
  4. プレゼンテーション能力
  5. 論理的思考力

企画力

ゲームプランナーは企画がメインの仕事です。ゲームの良し悪しは、企画によって決まるといっても過言ではありません。そのため、企画力は必須スキルといえます。

今や、市場にはたくさんのゲームが出回っています。「ヒットするゲーム」「長く楽しんでもらえるゲーム」にするためには、現在リリースされているゲームとは違う、ストーリー、キャラクター、操作方法といった、差別化が必要です。

また、ユーザーを惹きつけるような魅力的なゲームにするべく、斬新な企画も求められます。「ユーザーはゲームに何を求めているのか」といったニーズに敏感であることも、大切です。流行に敏感になり、ゲーム業界以外にもアンテナを張って、一般的なトレンドも抑えるようにすると、企画力を高めることができるでしょう。

プロジェクト管理能力

ゲームプランナーの仕事は、企画して終わりではありません。ゲームをリリースするまでの開発期間中は、ゲームプランナーがチーム全体のスケジュール管理をします。規模にもよりますが、ゲーム開発には、デザイナー、CGクリエイター、プログラマー、デバッガー、営業、広報など、とても多くの人が関わるため、彼らの業務の進行を管理するプ色ジェクト管理能力やマルチタスク能力が必要です。

コミュニケーション能力

ゲームは一人で作るのではなく、チームで作っていきます。そして、ゲームプランナーは幅広い業務に携わります。その都度、ゲームプロデューサーやディレクター、デザイナー、エンジニアといったさまざまな職種の人と関わることになるのです。

これらの職種の人とミーティングや打ち合わせをする際には、コミュニケーション能力が必要となります。もし、コミュニケーション能力がなければ、プロジェクトを円滑に進めることはできないでしょう。

プレゼンテーション能力

プレゼンテーション能力もゲームプランナーには必要です。ゲームプランナーは、企画を立てたあとに社内でプレゼンテーションが行われます。その際、自分が作りたいゲームはどんなものなのか、いかに面白いのか、ユーザーニーズにいかに合っているかなどゲームの魅力を説明しなければなりません。

このプレゼンテーションにおいて相手を説得させることができなかったり、承諾をもらえないようだと、いくら企画を立てたとしてもゲームは作れないのです。プレゼンテーション能力を高めるには、臨機応変に対応する力や論理的な思考力などを身につけるとよいでしょう。

そして、「わかりやすく」「簡潔に」「はっきりと」プレゼンテーションし、自分の熱い思いを相手に伝えるようにしましょう。

論理的思考力

論理的思考力とは、複雑なものを極力シンプルにしていく思考方法のことです。「ロジカルシンキング」とも呼ばれています。この論理的思考力もゲームプランナーに必要なスキルです。

たとえば、プロジェクトに問題が発生したときに論理的思考力があれば、なにが問題となっている原因を分析し、解決策を考え、実行するといった一連の流れを素早く行えます。

また、プレゼンテーションや提案をする際に、相手にわかりやすく納得のいく主張ができるのも論理的思考力の良い点です。そのほか、プロジェクトを進行する上で、ロジカルに考えて、アウトプットする論理的思考力は役立ちます。

これらのことから、論理的思考力は、ゲームプランナーには欠かせない能力といえるのです。論理的思考力を身につけるには、主観や先入観にとらわれずに物事を見たり、考えやアイデアを文字に書いて頭を整理するなどを行うようにしましょう。

ゲームプランナーのキャリアパス

1~3年目:アシスタント

ゲーム関連の基礎知識を学び、PowerPointの作成方法など、プレゼンテーションや制作進行管理に必要なソフトウェアの使い方を覚えていく段階です。その後、いくつかのプロジェクトにアシスタントとして配置され、プランナー業務を経験していきます。まずはデバッカーやスクリプターとして配属され、そこからプランナーを目指すこともあります。

年収イメージ : 300万円~500万円前後

4~6年目:プランナー(メンバー)

本格的に仕事を任されるようになり、小規模な作品ではあるが企画書・仕様書の作成からパラメーターの決定、外注品質チェックまで、プランナーとしての現場業務に責任を持つようになります。仕事の範囲は広いが、その分やりがいも大きく、ゲームの評価がそのまま自分の評価につながります。

外注とのやり取りも多く、労働時間が不規則になりがちです。自由裁量制の勤務体系にしている会社もあります。

年収イメージ : 500万円~800万円前後

7~10年目:ディレクター

それまでよりも規模の大きいプロジェクトのプランナーを任されるようになります。また、新人の指導も大切な職務内容となっていきます。それまでの現場仕事をアシスタントとともにこなしながら、ディレクターとして進行管理することになります。

代表作ができれば社内だけではなく、社外やユーザーにも「あの作品のプランナーはこの人」と知名度が上がっていく段階になるでしょう。ある程度、実績を残せば、ゲームの専門学校などから講師として声がかかることも増えてきます。

年収イメージ : 600万円~1000万円前後

11年目以降:ディレクター or プロデューサー

ディレクターとして現場での仕事にこだわる道以外に、社内で管理職やプロデューサーとして複数のゲームに関わる可能性もあります。また、それまでの実績をもって独立し、ゲーム会社を立ち上げる人もいます。あるいはまったく別の方向性として、プランニングの専門家として発想力トレーニングやチームコミュニケーションについての講演会や講師の仕事が入ってくることもあります。

年収イメージ : 800万円以上

ゲームプランナーを目指そう!

ゲームプランナーの仕事は、企画立案から仕様書の作成、プロジェクトの進行など、業務は多岐に渡り、ゲーム全体に関わります。そのため、ゲームに関する知識はもちろん、デザインやプログラミングといったデジタル関連の知識、企画力、マーケティング力、論理的思考力などのスキルが求められます。専門学校でゲームプランナーの基礎を学び、スキルを身につけておくことが必要です。業界で活躍できるゲームプランナーを目指しましょう。

ゲームプランナーを目指すならこのコース

ゲームプランナーを目指すなら、バンタンゲームアカデミーの以下のコースがおすすめです。実践的なカリキュラムで、ゲーム業界から求められるゲームプランナーを目指しましょう。

 

シェアする