将来イラストレーターとして生きていきたいけど、画力をあげるにはどうしたらいいのかわからずに困っている方も多いのではないでしょうか?

本気でイラストレーターを目指しているのなら、専門学校に進学することをおすすめします。

ただし、専門学校が最適な選択なのかどうかは自力ではなかなか判断しきれないと思うので、今回は実際に専門学校に通っていた卒業生の作品のビフォーアフターの例を交えつつ、専門学校に通うメリットについてご紹介します。

専門学校に通うことで画力は上がるの?

専門学校に通うことで画力は上がるの?

プロのイラストレーターを目指すため、イラストの専門学校に通ってみようか悩む方も多いと思います。今の画力に自信がなくても、専門学校で基礎から学ぶことで実力を身につけたいですよね。それでは、実際に専門学校に通うことによって画力は上がるのでしょうか?専門学校に通うメリットも併せてご紹介します。

ただ通うだけでは画力は上がらない

ただ与えられた課題をこなしているだけでは画力は上がらない、主体的に試行錯誤を積まなくてはならない

結論から言うと、ただ専門学校に通い、与えられた課題をこなしているだけでは画力は上がりません。向上心を持ち、自分自身で主体的に目標を持って努力し、試行錯誤しなければ実力は身につかないのです。漫然と授業を受けるだけではなく、授業内容をふまえて、その後自分なりに何度も何度も練習を積み重ねることを通じて、画力も上達していきます。

周りの学生がイラストレーターを目指していない場合もあり、周りとの意識との差に苦しむケースも

専門学校に通う生徒の全てがイラストレーターを目指しているわけではありません。周りの学生の意識がそこまで高くないと、周りの雰囲気に流されてしまい、練習を怠って上達しないケースもよくあります。しかし、しょせん他人は他人。自分の夢を叶えたいなら、周りに流されて目標を達成できないのはもったいないですよね。中には意識の高い真面目な学生もたくさんいるはずなので、お互いにいい影響を与えられる仲間を見つけ、切磋琢磨して画力の向上に努めましょう。

専門学校はチャンスが多い

独学にはない、半強制的にできる環境がある

イラストレーターを目指し、独学で画力を磨く人もいるかもしれません。しかし、自分だけで学んでいても、強制力が働かないので、途中でモチベーションが下がってしまい、志半ばで諦めてしまうケースも多くあります。専門学校では授業や課題など、半強制的に取り組む機会が用意されているので、モチベーションの持続がしやすいというメリットがあります。

イラストのプロである先生にすぐに質問することができる

専門学校で指導する先生のほとんどは、イラストの世界でプロとして認められている方々です。イラストの構図や背景に悩んだ時など、自分が行き詰った時にいつでもプロに質問することができます。 そうすることで、問題がすぐに解決でき、自身のイラストのスキルアップにもつながります。気軽に質問や相談できるプロがいるということは、大きなメリットと言えます。

クラスメイトと刺激し合いながら成長することができる

先ほど、周りの意識の低い学生に流されてモチベーションが下がってしまうケースがあるとお伝えしましたが、逆のパターンもあります。周りの意識の高い学生と切磋琢磨していくことで、モチベーションが保たれ、イラストスキルが上達していく可能性も大いにあるということです。これもまた、専門学校に通う大きなメリットだということができるでしょう。

卒業生の作品のビフォーアフターをご紹介

卒業生の作品のビフォーアフターをご紹介

専門学校へ通うことで、具体的にどのくらい画力が上がるのか、気になるという方も多いのではないでしょうか?ここでは、実際の卒業生の作品のビフォーアフターをご紹介します。

https://www.vantan-game.com/faculty/illust-manga/04-il-01/course4.phpより

こちらは実際に「バンタンゲームアカデミー」に通った方のイラスト作品です。専門学校へ通いだした頃と、しばらく通った後の作品を比較しています。

上の2点のイラスト作品は、1年後期の作品と2年後期の作品ですので、たった1年でこれだけ画力に差が出るのがわかるかと思います。

Beforeの作品は、全体的にぼんやりとした印象で伝えたいテーマもはっきりしない印象ですが、Afterの作品は、細部までしっかりと書き込まれていて、暑い夏の一コマを切り取ったような臨場感が感じられます。

下の2点のイラスト作品は、1年前期と2年後期の作品。1年半の期間でめきめき上達しているのがわかります。

Beforeの作品は、ほのぼのとした雰囲気でちょっと稚拙さも感じられますが、Afterの作品は写実的で背景もしっかりと描写され、建物のリアルな迫力が伝わってきます。

これだけ上手くなるのですから、イラストのスキルを上げたいと思ったら専門学校に行くのが最適と言えますね。

イラストレーターを目指すなら、東京でおすすめのイラスト専門の学校「バンタンゲームアカデミー」

イラストレーターを目指すなら、東京でおすすめのイラスト専門の学校「バンタンゲームアカデミー」

画力を上げるために専門学校に通うのは最適な方法だとお伝えしましたが、専門学校ならどこでもいいというわけではありません。カリキュラムや環境などが充実している学校を見極めることが大切です。イラストレーターを目指すなら、東京でおすすめの専門の学校は「バンタンゲームアカデミー」です。その魅力を詳しくご紹介します。

100%現役プロ講師陣!通常授業もすべてプロの講義

“プロになるにはプロに学ぶ”が、バンタンのこだわり。講師陣は100%現役プロフェッショナルです。「特別授業が現役プロ」ではなく、「通常授業の講師すべて現役プロ」というのが大きな特徴と言えます。一流の講師陣により、最新の技術と知識、考え方を直接教わることができます。

徹底した個別サポートで、1人1人へのキメ細かな教育を実現

1クラスの人数が15~25人程度の少人数制クラスを採用しています。一人ひとりの個性に寄り添い、キメ細やかなサポートをしてくれるので、安心して学ぶことができます。

大学部があるため、イラストの勉強をしながら大卒資格を取得可能

バンタンには、大学部があるのも強みです。星槎大学と教育連携を行っており、大卒資格や教員免許の取得が可能です。大学を出てから専門学校へ行くと6年かかってしまいますが、バンタンなら4年で大卒資格とイラストの専門知識を身につけることができます。

企業連携プロジェクトや授業が豊富

さまざまな関連企業が授業へ参画する「企業連携カリキュラム」もバンタンの特徴です。商品化を前提とした制作・その企業ならではのツールを用いた実習・企業向けのプレゼンテーションなど、現場さながらの環境で実践的なスキルを磨くことができます。

まとめ

将来イラストレーターになるために、どんな進路を選択すればいいのか迷うことも多いと思います。

実際に専門学校へ通った方のビフォー・アフターの作品を比べてみると、その画力が上がったのは一目瞭然。イラスト専門学校へ通うのはイラストの実力をしっかりと身につけ、スキルを上げるためのベストな方法といえます。

イラスト専門の学校ならカドカワグループの一員の、企業連携授業や就職サポートの充実した「バンタンゲームアカデミー」がおすすめです!

シェアする