ゲーム制作のなかで、実際にゲームを動かすための仕事が「ゲームプログラマー」です。ゲームプログラマーは、具体的にどのような仕事をしているのでしょうか。その仕事内容や、ゲームプログラマーになる方法、必要なスキルを解説。
また、役立つ資格や、キャリアステップと年収イメージも紹介します。ゲームプランナーがどんなにおもしろいゲームの企画を立てても、そのままではゲームにはなりません。コンピュータにも分かるように、企画内容をプログラム言語へと“翻訳”していくのがゲームプログラマーの仕事です。ゲームの世界を自分の力で創造できるところが何よりの魅力でしょう。

ゲームプログラマーとは?

ゲームプログラマーとは、ゲームがうまく動くようにプログラミングをする仕事です。具体的には、C++やC#、JavaScriptといったプログラミング言語を使い、ゲームプランナーが作成した仕様書や設計書に沿ってキャラクターの動作、効果音を出すタイミングなどのゲームシステムの構築を行います。ゲーム制作のなかで、同じ「プログラマー」という名前がつく職業に「サウンドプログラマー」があります。ゲームプログラマーとの違いは、サウンドプログラマーはゲームのサウンド専門のプログラミングを担当することです。

ゲームプログラマーの仕事内容

前述したように、コンピュータにも分かるように、企画内容をプログラム言語へと“翻訳”していくのがゲームプログラマーの仕事です。開発するゲームの規模によって、役割は大きく異なります。スマートフォン向けのゲームアプリのような1人~数人程度の小規模なチームで開発するものについては、プログラムを書くだけでなく、企画内容に対してプログラマーとしての意見を述べるなどの業務も生まれてきます。
あるいはオンラインゲームのプログラマーになると、継続的にサービス提供していく中で、サービスを安定的に運用するのに必要なネットワーク関連の知識や、ゲームを改善していくアイデアが求められることもあります。
一方、家庭用ゲーム機向けの大作RPGなどの大規模なゲーム開発になると、キャラクターのアクションを作っていくプログラマー、ゲーム全体のシステムを構築するプログラマーといったように業務が細分化されています。他にも大規模なゲーム開発のプロジェクトでは、プログラマー以外のメンバーとも連絡を取り合い、ゲーム開発全体の進み具合を管理するディレクターという職種も必要になります。ディレクターの仕事は、ゲーム開発現場のことがよく分かっているプログラマー出身者に任されることも多いです。

ゲームプログラマーになるには?

ゲームプログラマーになるには、いくつかルートがあります。見てみましょう。

ゲーム専門学校に通う

ゲーム専門学校には、ゲームプログラマーを目指せる学部やコースが設けられています。そこでは、ゲーム開発の基本から、プログラミング、他専攻と合同でチームを編成し、実際の制作現場同様のゲーム制作などを実践で学びます。専門学校に通うメリットは、実際にゲーム業界で働いているような実践的な勉強ができることです。また、作品を発表する場が数多く用意されていたり、現役の講師から学べることも大きなメリットです。さらには専門分野の求人が豊富にあるため、就職にも有利とされています。一方、進路を変更したい場合には軌道修正がしにくい点がデメリットかもしれません。ゲーム専門学校に通うことは、ゲームプログラマーへの近道といえます。

プログラミングを学べる大学に進学する

工学系や情報系、美術系といった大学には、プログラミングを学べる学科が存在します。たとえば、メディア学科やコンピュータサイエンス学科、情報処理工学科などです。これらの大学に進学し、ゲームに関するプログラミングやデジタル技術を学ぶのもルートの1つです。大学進学のメリットは、プログラミング以外のことも学べ、幅広い知識を得られることです。ただし、専門学校にくらべると実践的な授業が少なく、最低4年は通わなければならない点はデメリットといえます。

独学でプログラミングを学び、ゲーム会社に就職

専門学校や大学に行かなくても、ゲームプログラマーになることは可能です。ただし、かなりハードルは高いかもしれません。というのも、ゲーム開発に必要なプログラミング言語には複数あり、それを独学で学ぶのは時間がかかります。モチベーションの維持も難しいでしょう。ただし、学費が抑えられることや、自分のペースで学習できる点はメリットといえるでしょう。

ゲームプログラマーに必要なスキル

ゲームプログラマーになりたいという人は、次のようなスキルや能力を身につけておくとよいでしょう。

プログラミングなどゲーム開発に関する知識

ゲームプログラマーの必須スキルは、プログラミングの知識・能力です。ゲームプログラマーはプログラミングによってゲームを作っていきます。よって、高いプログラミング能力は絶対条件です。なお、ゲーム開発で使われているプログラミング言語には、C#、C++、Javaなどがあります。最低でもこれらの言語の知識を持っておき、ある程度使えるようにしておきましょう。

コミュニケーションスキル

2つ目の必要スキルは「コミュニケーションスキル」です。ゲームプログラマーは一人で黙々と作業するイメージがあるかもしれません。しかし、ゲーム制作には、ゲームプランナーやゲームグラフィックデザイナー、デバッガーなど多くのスタッフが関わっており、それらの人たちと一丸となって作品を作り上げていきます。チーム内で意思疎通をはかり、スムーズに仕事を進めるためにも、コミュニケーションスキルは必要です。

忍耐力

3つ目の必要スキルは「忍耐力」です。ゲームプログラマーはプログラミングすれば終わりではありません。動作テストやデバッグも行います。その際、バグや不具合、機能の改善点を見つけたら修正しなければなりません。この修正には何ヶ月もかかることがあります。何度も繰り返し修正を求められることも少なくないため、忍耐力や根気強く取り組む姿勢も、ゲームプログラマーに必要なスキルとなります。

ゲームプログラマーに役立つ資格

ゲームプログラマーになるためには資格は特に必要ありません。しかし、就職に有利となる資格があります。それが、次の3つの資格です。

基本情報技術者試験

経済産業省が認定する国家資格。情報処理に関して必要な知識、技能を問う試験が行われます。この資格を取得することで、情報処理の知識・技術を身につけているということをアピールできます。

C言語プログラミング能力認定試験

サーティファイ情報処理能力認定委員会が主催する「C言語」の能力認定試験です。C言語はゲームプログラマーがよく使うプログラミング言語なので、この資格を取得しておくと、C言語が扱えることをアピールできます。

Java™プログラミング能力認定試験

サーティファイ情報処理能力認定委員会が主催する、「Java」の能力認定試験。Javaもゲーム開発によく使われる言語なので、資格を取得しておけば就職時に有利です。なお、3段階の認定基準があり、1級に認定されればプログラマーとしてのスキルをアピールできます。

ゲームプログラマーのキャリアステップと年収イメージ

1~2年目:プログラマー(見習い)

ゲーム会社ごとに独自言語や開発ルールなどを持っていることがほとんどです。入社して1~2年くらいは、まず仕事に慣れて、そうした言語やルールを覚えることが最優先となるでしょう。それでも、ゲーム開発に関われば、エンディングロールなどに自分の名前が入ります。好きなシリーズの最新作で、自分の名前を見つけたときの感動は忘れられないものになるでしょう。
年収イメージ : 300万円~500万円前後

3~5年目:プログラマー(メンバー)

ある程度仕事に慣れてきた3~5年目くらいから、本格的に仕事を任されるようになり、大切な戦力として期待されるようになります。スマホ向けゲームなどの開発現場では、中心的な人物としてプロジェクトメンバーから頼られるようにもなってきます。仕事のやりがいを本格的に感じられるようになる時期ではないでしょうか。
年収イメージ : 350万円~600万円前後

6~10年目:チーフプログラマー

プログラマーとしての実績・知識が認められるようになると、数人~数十人のプログラマーを束ねてゲーム開発を進めるチーフプログラマーに昇格する人も出てきます。「組織を束ねる」といったプログラマー以外の新たな適性・役割に挑戦できるようになります。
年収イメージ : 400万円~700万円前後

11年目以降:チーフプログラマー or ディレクター

プログラマーとして積んできたゲーム開発の経験を生かし、さらに専門性を深めるためにチーフプログラマーを続ける人もいれば、ゲーム開発のプロジェクト全体を取り仕切りたいとプロデューサーやディレクターを志す人もいます。業界内で名前が知られるようになると、ゲームプログラマーなどが多く参加するカンファレンスで、講演を依頼されるようになることもあります。
年収イメージ : 500~1000万円

目指せ!ゲームプログラマー

ゲームプログラマーは実際にゲームを動かすプログラミングする仕事で、ゲーム制作においては欠かせない職業です。また、ゲーム人気は世界中に及んでいることから、ゲームプログラマーの需要は高く、将来性も大きくひろがっています。業界で活躍できるゲームプログラマーを目指してみませんか。

ゲームプログラマーを目指すならこのコース

ゲームプログラマーを目指すなら、バンタンゲームアカデミーの以下のコースがおすすめです。実践的なカリキュラムで、高いスキルをもったゲームプログラマーを目指しましょう。

シェアする